最後の授業 ドーデ

Posted By taga on 2017年9月26日

宮廷歌人の話をしていて
ふと思い出したことがある。
国語の教科書にも載っていた
アルフォンソ・ドーデの
『最後の授業』てある。
ドイツの進攻によってアルザス・ロレーヌ地域がドイツ領となった。
そのフランス語を教えていたアメル先生の
最後の授業の話。
最後に「フランス万歳」という言葉が出てくる。
この話が教科書にから消えたのは、
ドーデがフランスの宮廷作家であり、
フランスの立場から作られた話であり
当時のアルザス・ロレーヌはドイツ系の住民が多かったということによる。
このことは、文学を作品としてどう考えるのか
背景が政治的ならば、どうなのか
等と論争を巻き起こした。
面白かった。
ふと、思い出しただけ。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply