新学期の子どもたち

Posted By taga on 2018年4月13日

新年度が始まり、クラスも学年も担任も代わり、
子どもたちの気分もリフレッシュされています。
学校には新鮮な空気が流れています。
長いこと穴倉にいると、外に出たときの明るさに目がくらみます。
それと同じように、みんなの新鮮な明るい空気になじめない子どもも、
少しではありますが、存在するものです。
不登校だった子どもが学校にやってきた。
それは大きなきっかけとなるかも知れません。
しかし、リハビリに時間がかかることと同じです。
その日からすぐにちゃんとやってこれるようになった、
なんていう単純なことはないのです。
無理のないように、少しずつリハビリするようなものだと
教師もおうちの方も考えた方がいい。
大喜びせず、でも、ちょっと喜ぶ。
期待せず、でも、後ろで支える。
つまずいても、がっかりしない。
つまずきながら、ぼちぼちといければ良い。
学校だけが選択肢ではないが、学校に行けるということは、悪いことではない。
でも、ゆったりと考えて時間の流れを変えてみていくことですね。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply