なんのためのセミナーか

Posted By taga on 2018年6月23日

僕は、まだまだ甘いなあと思わされた。
今日、ピンクシャツデーのセミナーがある。
思ったほど人が集まらなくて、帯広や札幌から自腹を切ってきてくれる千葉くん、西村弦くん、大野くんに申し訳ないと
メッセージ送ったら、千葉君からこういう返信が来た。

「最初から参加者のニーズをねらったセミナーでは、成功の可否は参加者数によるところが多いと思います。
でもこちらの発信優先のものなので参加者数は二の次かと思っています。
いじめについて訴えて、それを受け取った教師が子どもや周囲に対して新たな視点で接する。
こういった場を設定していただくことで、確認しようはないけれど、
いつかどこかで子どもの命を救うことにつながるかもしれない。
確かめようはないけれど、でもその可能性はある。そう信じてやってきました。
地震後で大変なときにかかわらず参加してくださる方々に満足していただけるように頑張りたいと思います<(_ _)>」

僕とは覚悟が違うんだなあと思った。
そう。
僕が神戸でセミナー企画するのは、
優れた教師、本物の教師たちに関西の先生方に出会ってほしいから。
ネタや方法論ではなく、真摯に子どもや授業に向き合うことを
若い先生方に伝えたいから。
誰でもが質の高い実践に触れる機会を作りたいから。
であったはずだ。
改めて自分の覚悟を問い直されたような気がする。

今日、明日、この地震の不安の中で参加された先生方に
精一杯のセミナーを提供する。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply