DVは複雑

Posted By taga on 2019年2月5日

DVの問題について
今は殺された小5の少女のことが
話題になっている。
哀しく辛い事件ではあるが
関係者は止められた案件だと思う。
この父親は鬼畜ともいうべき男で
命だけはなんとか守ってほしかったと思う。
亡くなった子どもの無念を思う。
生きたかっただろうに。
こういう鬼畜はDVに対して自分なりの「正当な?」意見を持っている。
躾だとか。
言うことを聞かないから罰を与えたとか。
こうしないと分からないやつだとか。
パワハラと同じ構造である。
理由は関係なく、行為に目を向けなければならない。

それはさておき、
児童相談所を攻撃しているが、
児相はほんと手いっぱいだというところにも
もっと焦点を当てるべきだ。
毎日のんびりとしている閑職で
さぼっていたわけではないだろう。
案件の連絡齟齬が生じるのは、
あまりにも少ない人数で多くの案件に対応しているからということにも
焦点をあてるべきだ。
そして、どれほど多くの子どもたちが救われているかという事実を知るべきだ。
僕はDVで親から離された施設に何度か話に行っている。
親からDVを受けて話された子どもたちは、ブラックホールのようになっていて
若い職員はそれに呑みこまれて
自身もブラックに陥っていくことがある。
親から離したら、即、幸せになるというものでもないのだ。
だから、児相は何でもかんでも隔離には走らない面もある。
命は守らなければならない。当然のことだ。
だけど、無責任に攻撃だけしていても、何も進展しない。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply