子どもはあたためよう

Posted By taga on 2019年2月11日

子どもに対して躾と称しての暴力が後を絶たない。
暴言、放置、虐待。
これは実は、今に始まったことではない。
昔はそれらが正当化されていたことと
子どもの耐性が強かっただけに他ならない。
『巨人の星』の星一徹は
今なら逮捕されるレベルのDV親父だ。
当時の社会は成果が上がれば
それらは全て「愛の鞭」として容認されていた
いや。
賞賛されていた。
この呪縛から抜け出せていない。
明石市の市長の擁護が後を絶たないのは、その典型だ。
結果と目的が良ければ手段は少しくらい悪くてもいいじゃないか、という言質。
これが未だに教育現場や家庭教育でもときどき力を発揮する。
もう、止めないか、こんなこと。

子どもには冷水を浴びせるものではない。
あたためて愛に包んで育てるべきだ。
躾するなら、親や教師みずからも美しく教育すべきだ。
「躾」とは「身を美しく」することだ。
暴言や暴行は美しくない。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply