東須磨小学校

Posted By taga on 2019年10月15日

東須磨小学校の
教師いじめ事件は、あまりにも大きすぎる。
変質教師の子どもへの卑劣な事件は、
もちろんそっちの方が被害は大きい。
しかし、それは個人の問題でもある。

東須磨の場合は、
物凄いいじめを教師たちが行っていたのだから
個人レベルの問題ではない。
この話題が報道されるたびに、これから教師を目指そうとしていた善良な学生たちが
「やっぱり、止めようか。」
となってしまうだろう。
学校教育の根幹を揺るがしかねない問題なのだ。

東須磨の教師たちは、全て入れ替えるべきだ、加害教師は懲戒免職だろうけど。
直接手を出していなくても、
傍観していた可能性がある。
激しいいじめを傍観していた教師に
「いじめの傍観者になるな。」
と言えるだろうか。
言われた子どもが納得するだろうか。

また、気づかなかったという場合、そんな教師たちに子どもを預けるわけにはいかない。
子どものいじめも「気づかなかった」というレベルなのだ。

全員、異動しかない。
新年度しか無理だけどね。

ところで、前の校長が
「気づかなかった」と言ったそうだが、それが本当なら管理職失格。
ウソなら卑怯者。
どちらにしても、すぐに教育現場の管理職から去っていただきたい。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply