親力 46 完璧主義のあなたに

Posted By taga on 2022年3月27日

Ⓑ 完璧主義のあなたに
 子どもの宿題は帰ってすぐにしなければ気持ちが悪いとか、帰ってきたらカバンの置くところは決まっていて、そこに置かなければ気分が悪くなるとか、時間通りに食事や朝の準備をすませて家を出てほしいとか、帰宅時刻が不安定になるとイライラするとか・・・。なんでもがきちんとしていないと、気が済まないというタイプの方。
 ご自分が完璧主義だからといって、子どもたちも同じ性格だとは限りません。そんなときには、
「この子はなんでこんなにだらだらとしているんだろう。」
と、腹が立ってしまうでしょうね。
 そこで、子どもにいろいろと口出しや説教をして、それでも子どもが直せないとなると、切れてしまうかも知れません。
 だいたい、こういう完璧タイプの親には、子どもは反発しがちなものなのです。
 ここは、完璧にするのは、ご自分のことに限定するように考えてみてはどうでしょうか?
 自分は完璧主義なのだから、自分のことは完璧にするが、子どもたちにはそれを強要しないことです。
 例えば、食事の準備時間は固定してそれに応じて準備してしまう。子どもたちにも声掛けはするけど、その後の時間のコントロールは子どもたち自身に任せるのです。
 温かいお味噌汁や紅茶が冷めてしまっても、それは子どもたち自身が自己責任で受け止めてもらえばいいと割り切るのです。
「自分はきちんとする。あなたたちがペースを崩すのはあなたたちの責任です。温かい食事が食べたければ、それに時間を合わせなさい。」
という感じですね。
 ご自分の精神というか、考え方というものは大事にしなければいけません。だいたい、完璧主義の方は、だらだらした生活態度は許せなくなるものです。でも、それを口にしても言い合いになるだけで、不毛です。
 自分はきちんとして、子どもが合わせられるものは合わせる、それができなければ、無視するというのが良いと思います。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply