愛情不足の子ども

Posted By taga on 2024年1月5日

 これまでに話した、愛情が過ぎることとは逆に、愛情不足も問題です。
子育ては難しい。愛情は過ぎても足りなくても問題なのです。
 愛情が不足した子どもは、どうなると思いますか?
 いつもいつも不安になります。おどおどしています。
目がね、迷子の小犬みたいになるんですよ。
 愛情が足りないから、いろいろなことが起こります。
 まずは、あまえたり、わがまま言ったりします。
 そして、問題行動をとるようになります。
大人の気を引くために、さまざまな問題行動を繰り返します。
してはいけないと叱れば叱るほど、相手にしてもらえるので、問題行動を繰り返します。
 親からの愛情を完全にあきらめた子どもは、無気力になります。
 一度動かなくなったかたくなな心は、動かすことがとても難しくなります。
 愛情が足りなくなるということは、子どもを追い詰めていくことです。
愛情は人間にとって、絶対に必要な栄養分なんです。
十分に愛情を受けて、その実感を背負って、社会に羽ばたいていくんです。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply