多賀マークの教室日記

教育にかかるよしなしごとを、つれづれなるままに・・・。
「教育」というと、力の入った人か、アウトサイダー的な方かの両サイドが目立つ。
僕は、港と山にかこまれた神戸という風土で肩を張らず、妥協もせずに見つめてきた目から、今を語りたい。

24年目

Posted By taga on 2019年1月14日

阪神淡路大震災から24年目。
僕は風化していないし、風化させない。
あれから東北の震災があり、熊本があり、北摂が去年。
亡くなった方の数で大小を論じることに意味はない。
しかし、あのときの神戸の姿は無残だった。
阪神高速が倒れるなんて・・・。
ビルが崩れる中で
ぽつんと立っていたビル。
「ここは大丈夫だったんだね。」
と言っていてよく見たら、
一階の駐車場がぺしゃんこになり、
車の一部が見えていた。
甲南小学校には、1500人以上の方が避難して来ていた。
「おれ、12人掘り出して、助かったのは5人やった。」
「掘ったら、腕だけだった。びっくりした。」
そんな凄い話を笑いながら話す。
壮絶な体験をすると、感情が摩耗する。
1000人、2000人・・・と、
毎日人の死が報道されると、感覚がおかしくなってくるのだ。

しばらく立って、少しずつ店が開いていく。
いきつけの喫茶店に行って
「マスター、生きていたんだね。」
と言うと、黙って両手を合わせておがまれた。
町のいたるところで
「生きてたの!良かった。」
と抱き合う人たちがいた。
混沌とした中で家族以外の方の安否はなかなかつかめなかった。
人の周りにはいろいろな人たちが活きている。
「あの人も生きていたんだ良かった」という思いが町にあふれていた。
生きているということは、そういうことなんだろう。
駅の近くのお好み焼き屋さんが開店したと聞いて
そばめしを食べに行った。
オロナミンCを1ケース持って行って渡したら、
おばちゃんは泣いてくれた。
生きるって・・・。
それから24年。僕の生き方は、あれから変わった。
この数日間は、かみしめて思いを新たにする。

松下崇さん初来神

Posted By taga on 2019年1月10日

新年度のスタートからボタンの掛け違いのないように、ロケットスタートを切るための準備を考えましょう。
今回は、横浜から松下崇さんに来ていただきます。
こつこつと愚直にかみしめるように積み上げてきた学級づくりの極意は、
きっと新年度のそれぞれのスタートに大きな力となってくれることでしょう。
■ 2019年4月6日【土】9時40分~16時40分
① 9時40分~10時40分 オープニング~一年を見据えた学級開きとは 多賀
② 10時50分~12時 一年間を見据えた学級開きの極意 松下
③ 13時10分~14時10分 聞く子どもに育てるには 多賀
④ 14時25分~15時40分 一年間を見据えた授業の在り方 松下
⑤ 15時50分~16時40分 「聞きたいこと、なんでも答えます」多賀 松下 
■ 場所 兵庫私学会館 101号室
■ 参加費 3500円 
■ 松下 崇 横浜市小学校教諭
1979年横浜市生まれ。横浜市小学校教諭。「教室に自治を!!」合言葉に,
2013年より自治的能力向上研究会を仲間と共に結成し活動。
自身も苦しみ悩む若者の一人だったが,学級づくりを中心に学び続け,
学校現場で日夜全力投球中。全国各地の学級づくりのセミナーに登壇し,
悩める教師を救っている。
著書に『自治的集団づくり入門』『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり6年』があり,
各教育雑誌においても実践が多々掲載されている。

申し込みは、下記から

https://www.kokuchpro.com/event/42e4450681f8826f6b54db68371ac5ef/?fbclid=IwAR3a0CeQVVu1KOnk_J41hqEwsbWZjCLv7afrfRWUJt05WQcJ-Hu301Hfo_k

親はどう考えていくかを語ります

Posted By taga on 2019年1月5日

仙台親塾。
2月20日です。
今回は、今の学校で言われている様々な問題や課題の概要と
そういうことに対して親としてはどうしていけば良いのか、を語ります。
■ インクルーシブ教育って何?
■ アクティブ・ラーニングって、おうちにどう影響してくるの?
■ 外国の子どもたち、日本中で増えてるよ。
■ 中学でのいじめ自殺問題。・・・親としては、何ができるのか?
■ プログラミング教育や英語の教科化って、家でもしないといけないのかな。

今、学校で起こっていること、他人ごとではありません。
一緒に考えましょう。

申し込みは下記から。

https://www.kokuchpro.com/event/9255089a5b062dea4be3e0bf72ab22ba/

昔話で盛り上がる

Posted By taga on 2019年1月4日

前の学校の仲間と久しぶりの会。
一緒に学年を持った悪乗りの3人が
ずうっと続いている。
前回は、
僕が入院した手術後にやってきて
さんざん笑かして帰った。
「傷口が痛いから、笑かすな!」
と言ってから一年。
久しぶりの話に花が咲く。
あほなことを一緒にしたなあって。
だいたい、「1,2,3、だあっ」というアントニオ猪木のフレーズを合言葉にした一年間。
会の名前も「だあっ会」。
最近の若手は馬鹿なことをしないなあと言う話。
キャンプファイアーでシンクロナイズドスイミングだとか、
武富士ダンスなどもやったなあ。
「多賀先生が変わってなくて
笑う話ばっかりするので、ほっしました。」
僕はこの人たちと話しているとギ「(笑)」がメインになる。
今日もよく笑った。
こういう仲間のいたことが
僕の力にもなる。

突き抜けた実践家

Posted By taga on 2018年12月31日

優れた実践家の著書を読んだり、
セミナーで話を聞いたりすると、
時々落ち込むことがある。
なぜなら、自分にはとてもできそうもない「凄いこと」をしているからだ。
あこがれや羨望はあっても
参考にもできない。
では、どうして優れた皆さんはそういう実践をできるのか?
それは、次のようなことが理由だと思う。

⑴ これまでの慣習に拠らない。
 学校には独特の文化があり、それに従わなければならないような風潮がある。
 「悪しき慣習」があるのだ。
 多くの教師は、それに従おうとする。
 葛藤する。悩みながらも、その慣習の中で模索する。
 優れた実践家はそういうものをクリアしているから、
 恰好よく素晴らしいものに見えてくる。

⑵ 強さがある
 一人で戦える強さがないと、目を引くような優れた実践はできない。
 また、しなやかな強さがないと、学校で孤立して、結局何もできない。
 コミュニケーション能力が高くて周りを引き込んでいけるのも、力だ。

⑶ 何かを犠牲にできる
 物事に突出するには、生活の中の何かを犠牲にしなければできない。
 家族、同僚、出世、享楽・・・。
 普通の人間なら、それらを全て犠牲にして突き進むことはできない。

要するに、突出する実践家には、誰でも努力したらなれるわけではない。
だから、うかつにまねをすると失敗する。

突出した方には、時代を引っ張っていく役割があるのだ。
目の前の子どもたちや現場でもがく「普通の教師」
時代の最先端を突き進めない、当たり前の教師は、
突き抜けた皆さんから学びながらも
自分の足元をしっかりと見てほしい。
目の前の子どもたち、同僚、地域の中で
自分のできることを少しずつしていく。
それを僕は「愚直」と呼んでいる。

僕の嫌いな今年の言葉

Posted By taga on 2018年12月30日

この一年、言葉だけでもなんだか嫌だなあと思ったものを
あげてみたい。

① 分かってない
 専門家と称する人が他者をディスるときに使う言葉。人を認めない言葉。
② 一斉授業否定論
 なんか意味があるのかなあ、こんなこと言うのに。対極にないことを対極であるかのように言う詭弁。
③ 化学変化
 若手がよく使う言葉だが、水と水が出会っても水にしかならない。
④ 奇跡の○○○
 これをテレビ欄で目にしない日はない。世の中に奇跡が多すぎる。
⑤ 平成最後の・・・
 この言葉に重みを感じない。 
⑥ リフレクション
「猫も杓子もリフレクション」と言った実践家がいた。僕も使う言葉だが、せめて「振り返り」にしたい。
⑦ 働き方改革
 この言葉でいろいろな問題がごじゃまぜにされているような気がする。
⑧ 技能実習制度
 多くの人は、実態を知らないだろう。日本語指導に行った先輩は、絶対に連絡先を教えるなと言われた。相談かけたら困るからだ。
⑨ 辺野古移設と南青山児童相談所問題
 根っこが似ているような気がする。
⑩ 夫源病
 言葉が嫌だ。

インクルーシブ教育って、簡単じゃない

Posted By taga on 2018年12月24日

教室で子どもが暴れる。
実は、最も問題になるのは、このことだ。
加害児童と被害児童が生じる。
加害児童のご家庭の対応の仕方も様々だ。
平身低頭して悩む方もおられる。
開き直って先生の責任だとおっしゃる方もおられる。
そのどちらも、悩み苦しんでいるということを忘れてはならない。
子どもへの愛情。
自分の教育との葛藤。
世間体。
さまざまなことが保護者を苦しめる。

教師は、授業中ならともかく、
休み時間まで全ての子どもたちの動向を把握することはできない。
でも、自分の責任だと落ち込む。
とれない責任まで背負ってしまう。
同僚がフォローに回るか、「あなたのせいだ」とセカンドアタックをするかで
その先生の苦しみが変わっていく。

そして、児童の思い。
暴れながら「止めてくれ」と心で叫ぶ子どももいる。
とるべき行動の分からない子どももいる。
暴れたら叱られる。
なんでかよく分からないときもあるのだ。
叱られながら、どんな思いをしているのだろう。

答えなき世界に見える。
だからこそ、
知恵を寄せ集めなければならないのではないだろうか。

インクルーシブ教育の行方

Posted By taga on 2018年12月23日

あるきっかけから
全くの素人の僕がインクルーシブ教育に関わり
本を出したり各地で講演するまでになってしまった。
僕はあくまで専門家ではないという立場だ。
でも、多くの関係者と交わり、たくさんの公立小学校と関わる中で
考えてきたことがたくさんある。

ともかく今は、教室の「あの子」のことを
少しでも分かる人、考えようとする人を増やすことが大切だ。
残念ながら、
特別支援の一部の先生には
ご自分の専門性と経験からしか物が見えていない方がいらっしゃる。
インクルーシブ教育には、広い視野が必要だ。
通常学級で、できる限りの子どもたちが共に学べるように考えるのが
インクルーシブ教育。
そして何よりも、インクルーシブなんだから
LGBTも被虐待児も発達障碍の子どもも
全てを含んで考えなくてはならない。

さらに、インクルーシブ教育と言いながら、
自分の好き嫌いで人を選別してイクスクルーシブなことをしている方もいらっしゃる。
何をかいわんや。

今は、多くの人たちの知恵を結集して
考えていくことが最も大切だ。
僕はそのために微力ながらも活動していく。
些細な取り組みでも続けていく。

授業の失敗

Posted By taga on 2018年12月20日

昨日の授業と講演。
全てを本で通した一日。
この忙しい年末に小難しい話はやめたかったから。

2年生140人への絵本の読み聞かせは
まあ鉄板なので、失敗のしようがなかった。
「今日は、うんちとおしっことおならの絵本をたくさん読むけど
 先生がうんちやおしっこを好きだというわけじゃないよ。」
と言うと、ザワザワ。
騒然としていたが、先生方が子どもたちに注意する間もなく
『おしっこぼうや』の読み聞かせをスタート。
案の定、子どもたちはすぐにこちらに集中する。
後は、絵本の力が子どもたちを引っ張ってくれた。

6年生のクラスでのブックトーク。
どうも予想とは違った男の子たちの反応に違和感を感じながらも
ふつうの授業と違い、途中で修正ができない。
本を順次紹介していくわけだから
変更がきかないのだ。
女の子たちはくいついてきたと思うが
男の子の何人かは、のりきれなかったみたい。
後ろで座って参観していた先生方の方がのってきていた。
敗因は、ほんの選択にある。
6年生の最期なのだから
ちょっと骨のある本を読んでもらいたいと思いすぎた。
このクラスの男の子たちは例年と比べても押さない子どもが多いそうだ。
その子たちに骨のある本ばかりを紹介したら
のれないよなあ。
ちょっと本のバリエーションが弱かったと思う。
まあ、こういうこともあるさ。

悪意のシャワー

Posted By taga on 2018年12月16日

エリザベスサンダーホームを設立し、自らも園長をされた、
沢田美喜さん。
親からも見捨てられ、
一歩外に出るとひどい差別を受ける混血孤児たちを守るため、
彼らを外の世界から隔離した。
悪意や敵視を受けるならば、それらから隔絶して生活させることで
子どもたちの心を守った。
孤児たちには厳しい方だったと言われるが
「ママ」と呼ばれて慕われていたそうだ。
悪意にさらされるならば、
そこから離れた方がいい。
その決意の深さを、最近思うことがある。

特異な行動をとる子どもたちに対して
大人たちが監視をするときがある。
学校では仕方ない面もあるのだが、
怖い目付きで監視をするのは悪意のシャワーにならないのだろうか。
難しいことであり、綺麗事に聞こえるかも知れないが、
愛でつつまないと人は育たないのではないかなあ。