多賀マークの教室日記

教育にかかるよしなしごとを、つれづれなるままに・・・。
「教育」というと、力の入った人か、アウトサイダー的な方かの両サイドが目立つ。
僕は、港と山にかこまれた神戸という風土で肩を張らず、妥協もせずに見つめてきた目から、今を語りたい。

教師教育②

Posted By taga on 2021年12月1日

今、教育現場には若い先生方がどんどん増えています。
しかし、若手を育てるOJTが現場では成立しにくいのです。
 教師というのは、新卒でもいきなり全てを任されるという仕事です。
それなのに、学級指導に関しては何も分からないままに始業式を迎えてしまう新卒者がほとんどです。
黄金の一か月と呼ばれるように、四月のスタートの出遅れは、一年間を左右してしまいます。
今の現場で教師としてやっていくには、なんらかの「武器」となるものが必要です。
 三十年前とは違い、先生だからといって保護者も子どもも黙ってついてきてはくれません。
 その武器も持たずに夢と希望だけ抱いて教壇に向かうのですから、
まじめで熱心なハートがあっても途中で挫折してしまう人が後を絶ちません。

 初任者の教師教育の問題の一つは、教師教育者として何をどう教えるのかということが、
指導する各教師個人に全て任せられていることにあります。
それでは、安定した教師教育ができるはずがありません。
 基本的な教師教育の在り方というものが、少なくとも各教育委員会単位で確立されるべきなのです。
残念ながら、初任者指導者研修などというものはあまりありません。
(高槻市と奈良市では初任者指導者講習に活かせていただきましたが・・・。)
 大都市を中心に初任から大量の休職―退職者が出るという事実は、
そういう初任者指導の基本的なマニュアルがないことが原因の一つではないでしょうか。

教師教育①

Posted By taga on 2021年11月29日

僕は追手門学院小学校で、八年間、初任者指導に携わってきました。
五年目までの先生方を預かって、授業を観て指導をするという形でした。
五年間指導ができるので、じっくりと育てることができたと思いますが、
僕が指導していても、途中で辞めていった先生方もいらっしゃいます。
全ての先生を育て上げるなどということは、本当に至難のことなのです。
 その仕事に就いて初めの頃は、僕の持っている技術を伝えようと必死になっていました。
でも、半年もたたないうちに、そのやり方では人は成長できないと悟りました。
 自慢ではありませんが、僕の教育技術は高いです。
教育を趣味と考え、いろんな時間を子どもや授業の研究に奉げてきたのですから。
 でも、その技術をいきなり初任の先生に見せつけても、できるわけがありません。
その先生の否定にしかならないのです。
 そこから僕は、初任の先生がまずは好きなように自分の授業を創って、実際に行ってから後で、
その日の授業がどうだったかを考えさせる方法をとっていきました。
言いたいことが山ほどあっても、あえて抑えて、今のその先生が改善できそうなことに絞って話していきました。
 自分の技術を伝えることよりも、若手が気持ちよく子どもたちの前に立てることを優先してきたのです。

結婚式はいい

Posted By taga on 2021年11月6日

内弟子の結婚式があった。
うちの家にしょっちゅうやってきて
授業のこととか
子どものこととか
相談している。
講師の時、授業を見てもらったことないというので
見に行った。
授業はだめだったが、
子どもを見る目が凄かった。
この子はいい先生になるだろう。
そう思った。
採用試験に合格して
初任の時に一ヶ月休職した。
休職時も復帰の時もアドバイスした。
先日、授業を見たら
かなりの成長をしていた。
それでも、今も悩みながら
歩んでいる。
そんなことを思いながら
幸せそうな笑顔を見ていた。

軽い足音やねえ

Posted By taga on 2021年11月1日

毎朝の散歩では
すれ違う皆さんに
まず、軽く会釈して
それに何か返されたら
「おはようございます」
と挨拶している。
今朝
前を歩いておられた70代くらいの
杖をついたお年寄りを
追い抜きざまに会釈したら
「軽い足音やねえ。」
と笑顔でおっしゃられた。
僕も笑い返したが、
なんか元気でたなあ。

教師になったわけ

Posted By taga on 2021年10月24日

ストーリーテリングの話で
「先生になったわけ」を
選択された。
もう、話すことはないとおもっていたがー。

僕が先生になったわけは、
中学時代に遡る。
毎朝の10分学習で算数のプリントを
やって、日直が集めて職員室に
持って行っていた。
ある時、日直が行った後、
社会のK先生が入ってきて
教卓の上に落ちていた1枚のプリントを
取り上げて、
「多賀、お前のや。取りに来い。」
と言った。
僕は、
「そんなしらんやん。」
言った。
すると、普段は授業中でも
子どもとタメ口をきいてるその教師は
虫の居所が悪かったのか、
「だれに向かって口をきいてるんだ」
と怒り出し、廊下へ連れ出された。
20発くらい殴られた。
僕を殴るその教師は、醜い顔をしていた。
僕は痛みは感じなかった。さらに、
「家に帰って反省文を書いてこい」
と、言われた。
僕は学校から病院へ直行した。
と言うのは、
母が癌で入院していたから。
母一人子一人であった。
「僕は悪くない。反省文なんて書きたくない。」
と言う僕に、母は、
「私はもうすぐ死ぬかも知れないんだよ。
そしたらあんたは一人で生きて行かねばならない。いい高校へ行って、いい大学へ行って、まともな仕事につかないといけない。そのためには、内申書に悪く書かれるわけにはいかない。
我慢して書きなさい」
言った。
僕は泣く泣く反省文を書いて持っていった。
「親しき中にも礼儀ありと言いますが、僕の言葉はーーーー」
反省文を読んだK先生は、したり顔で
「よく反省してるみたいやな。」
と言った。

大人になったら、子どもの気持ちの分かる教師になろう。
そう決意して教師になったが、
なかなか子どもの気持ちをくむのは
難しいことだった。

授業研究にて

Posted By taga on 2021年10月22日

ふだん僕は、
事後研で学級のことを話すことは
極力しないようにしている。
その教科の授業としてどうだったかを
取り上げて話す。
でも、今日だけは違った。
若い先生方に学んでほしいと思ったから。
学級経営の素晴らしさが、がとても良く現れていたから。
※ともかく明るくて楽しい。子どもがそれに乗せられて、いいムードを作り出している。
※大きな声と小さな声をうまく使い分けている。
※静かにさせる小さなテクニックを駆使している。
※子供たちの一挙手一投足に細かいフォローを入れている。
※子供たちにかける言葉が全て肯定的な言葉だ。
だから、子供たちが安心して授業に臨んでいる。
先生が楽しそうに授業してるって、いいよなあ。 (続きを読む…)

8月15日

Posted By taga on 2021年8月15日

今日は、一年に一度の
思い起こす日だ。
今日ぐらい、あの戦争を
振り返る日にしたい。
半藤一利さんの
「日本人は毎年8月に『正気』を取り戻さないと」
という言葉に
この日の意味が表されている。
オリンピック、コロナがほとんどで
ヒロシマはわずか。
そんな程度の意識のマスコミだと
心しておかねばならない。

第二回読み聞かせ講座in京都

Posted By taga on 2021年7月19日

読み聞かせについて
語ります。
https://peatix.com/event/2069593

雨にも負けず

Posted By taga on 2021年6月28日

GIGAにも負けず
ALにも振り回されず
インクルーシブにも真摯に向き合い
東に悩めるものがあれば
    行って力を抜けと言い
西にぎりぎりのふちに立つものがいれば
    一度休んでリセットしようと言い
北に子どもとうまくいかないと思うものがあれば
    僕の過去の失敗談を語り
南に保護者対応で落ち込むものがいれば
    一緒に飲んで悪口を言う
いつも子どもを中心に考え
    何のためにしているのかを問いかけ
保護者の思いを深く読み取る
教師として生きるために
    教師の喜びを語り
方法よりも大切なことがあることを教えていく
そういう人に私はなりたい。

退職後二か月

Posted By taga on 2021年5月29日

退職して二か月が過ぎた。
この間は、大阪、兵庫とも大変な感染者増加で
まあ、大阪まで毎日通っていたら
精神的に大変だったなあと思う。
学習支援に近くの学校へ行こうかなとも思っていたが
一度、自由にのんびりしてからと
考えを変えた。

朝は、早くに目が覚める。
朝食を作って食べる。
ちなみに今朝は、ソーセージとキャベツ炒めのサンドイッチ。
ドリップでコーヒーを淹れる。(今は西村珈琲)

少し時間をおいてから、散歩に出かける。
二十分歩いて高いところにある公園に行き
軽い体操。
特にふくらはぎの運動をしっかりと。

家に帰るまで約四十分。
手洗いうがい、汗を拭いて、
これで朝がスタートする。
生活リズムと体力維持に力を使わないと、
これからの講演講座ラッシュに立ち向かえない。