多賀マークの教室日記

教育にかかるよしなしごとを、つれづれなるままに・・・。
「教育」というと、力の入った人か、アウトサイダー的な方かの両サイドが目立つ。
僕は、港と山にかこまれた神戸という風土で肩を張らず、妥協もせずに見つめてきた目から、今を語りたい。

『きれいごと抜きのインクルーシブ教育』

Posted By taga on 2017年5月29日

悩んで悩んで、黎明書房からこういう本を出しました。
世に問いたい気持ちが強かったのです。
自分のような立場のものが、こういう問いかけをしても良いのだろうかとも
思いつつ。
まえがきの一部を紹介します。

※ 僕は長年私立小学校という現場で過ごしてきました。特別支援教育とは縁遠い所で教育に携わってきたのです。
しかし、ここ数年、教室での「あの子」の存在が目立つようになってきました。それは私学とて例外ではありません。
いや、特別支援の視点を持たない私学の方が、対応は難しいのかも知れません。
 また、いろいろな公立小学校を回ってお話をさせて頂いたり、
アドバイスしたりする立場から、教室の「あの子」に対する現場の苦悩を実感することも増えてきました。
・・・・・・・・・・・
学校現場の現実の前では、それらはただのきれいごとなのです。
・ 「あの子」が暴れても経験の浅い先生が一人で対応しなければならない。
・ 授業が「あの子」によって、めちゃくちゃになってしまう。
・ 「あの子」だけが立ち歩くことを許されて、納得できない子ども達。
・ あの子への言葉や体の暴力
・ 被害児童の保護者が学校へ怒鳴り込んでくる
そういうことは、日常茶飯事のようにあるのです。
 その中で、先生たちがもがき苦しんでいます。毎年のように全国の若い先生方からの相談にのっています。
その半数以上が、教室の「あの子」をどうしたらよいのかという悩みです。
職場のフォローのない場合は、かなり精神的に追い込まれてしまうこともあります。
インクルーシブ教育は、現場に疎い学者さんや特殊な環境でインクルーシブを実現できている方がおっしゃるような、そんなに簡単なことではありません。
ただ単に正論を唱えるだけでは、現場の先生たちは苦悩し疲弊していくだけなのです。
・・・・・・・
「インクルーシブであるべきだ。」
という正論を掲げて、いろいろな子どもたちを教室で育てようとしても、その負担が全て教師個人や、学年に追いかぶさってくるというのが現状です。
正論は、現場の教師にとっては絵に描いた餅であって、ただただ厳しく苦しいものです。
「理論は分かるけど、こんなにいっぱいすることあるのに、もうパンクしてしまいます!」
という本音の声は、正しさを前にしたとき、なかなかあげられません。
 そこで、本著では、学校現場の実態を本音のままに示し、そこから出発してインクルーシブ教育を考えていきます。
・・・・・・・・・・
僕と同じ考えを共有できる現役教師で、特別支援も経て「教室のあの子」への対応の仕方などを研究実践している南恵介さんには、
彼の「あの子」への取り組みや、その取り組みから感じたことについて、思いのままに語ってもらいました。
彼は今、もっとも注目すべき実践家の一人だと思っていますし、
何よりも、ぼくにはない「教室のあの子へのてだて」をきちんと持っている方だと思います。

5/27 教師の悩み解消セミナー

Posted By taga on 2017年5月18日

後数人になりました。
来週の土曜日です。
よろしければどうぞ。
もともと少人数の会にしたかったので、
増席はしません。

■ 各地の学校に関わらせて頂いて多くの先生方の悩みを聴く中で、
先生方の悩むところには、いくつかのパターンがあることが分かってきました。
また、メンターとして若手の指導をしながら、今、必要なことはどういうことかも考えてきました。
一度、まとまった形で悩みに応えるセミナーを開催します。神戸にて。

◆ 日時 5月27日【土】13時30分~16時45分
◆ 場所 東灘区民センター(JR住吉駅 すぐ) 9F美術室
◆ 参加費 2500円 
◆内容・・・時間はフレキシブルで行います。 
 ① 13時30分~14時15分「子どもとのコミュニケーション」
 ② 14時30分~15時15分「教室で気になる子どもへの対し方」
 ③ 15時30分~16時10分「保護者、同僚との付き合い方を考えよう」
 ④ 16時10分~16時40分 リフレクションタイムとQ&A
◆ 懇親会は特に設定しませんが、有志で近場にて。
申し込みは、下記から。

http://kokucheese.com/s/event/index/459442/

無茶ぶり

Posted By taga on 2017年5月14日

この頃、無茶ぶりが多い。
しかも、準備する時間をあまりくれない無茶ぶりが・・・。
でも、断らない主義なので、なんとかしようと背伸びする。
そこで、少し力が伸びる。
無茶ぶりは、僕を鍛えてくれているような気がする。

ここ数日は、ずっと教材研究だった。
年間指導に入ってる学校の主任から
「物語の授業をどうしたらよいか、みんな分からないんです。
『一つの花』で授業をして見せていただけませんか?」
という依頼。
「えーっ。長い単元の中の一時間だけの授業を見せるの?無茶言うてるなあ。」
「無理ですかね。」
そういわれると、考えてしまう。
「少し考える時間をください。」
と、結局は引き受けることに。
そこからが大変。
僕以外の知らない先生が僕の授業するところまでをしなければならない。
ここ数日は、クライマックスの授業の前の時間までの細案を練っていた。
これまで、僕もしたことのないことである。
悩みながら、試行錯誤。
誰がやってもある程度いけそうな流れと、発問とワークシートづくり。
11回も授業をした『一つの花』にもう一度チャレンジする。
やはり、これまでの僕の授業とは違う形になる。
今の授業の在り方を取り入れていくので、
まあ、アクティブ系の一斉授業という感じがする。
楽しくもあり、苦しくもある。
先ほど何とか出来上がったので、主任に送った。
当日の細案は、これからである。
こうやって、悩ませてもらえることは、ありがたいことだと思う。
でも、無茶ぶりだよなあ。

今日は奈良市

Posted By taga on 2017年5月8日

教育委員会の依頼で
初任指導の先生方への講演。
今、一番やっていきたいこと。
初任指導の先生方は
善意で若者を追い詰めたり、
潰したりすることがある。
今時の若者に合った指導を
メンターとしての考え方を
具体的な初任指導の方法を
伝えられたら、
と思っている。

『きれいごと抜きのインクルーシブ教育』

Posted By taga on 2017年5月2日

『きれいごと抜きのインクルーシブ教育』という本を南恵介くんと二人で書きました。
5月末に刊行予定です。
同じタイトルで、夏にセミナーを開きます。
セミナーというよりも、フォーラムと言った方が良いのかもしれません。
 
 インクルーシブ教育。
全ての子ども達を同じ教室で育てていくことを考えましょうよということは、これからの大きな教育のめあてです。
しかしながら、学校現場の現実の前では、それらはただのきれいごとです。
・ 「あの子」が暴れても経験の浅い先生が一人で対応しなければならない。
・ 授業が「あの子」によって、めちゃくちゃになってしまう。
・ 「あの子」だけが立ち歩くことを許されて、納得できない子ども達。
・ あの子への言葉や体の暴力
・ 被害児童の保護者が学校へ怒鳴り込んでくる
そういうことは、日常茶飯事のようにあるのです。
 その中で、先生たちがもがき苦しんでいます。
職場のフォローのない場合は、かなり精神的に追い込まれてしまうこともあります。
インクルーシブ教育は、そんなに簡単なことではありません。
ただ単に正論を唱えるだけでは、現場の先生たちは苦悩し疲弊していくだけなのです。
学校現場の実態を本音のままに示し、そこから出発してインクルーシブ教育を考えていきます。
実態だけではいけないので、解決法も同時に示していきます。
また、保護者の本音というものをとりあげていきます。
「あの子」の側からだけでなく、逆の立場からの本音も出していきます。
それらを突き合わせてこそ、本当にどうしていけば良いのかという手立てが見えてくるのだと思います。
多賀・南の出版に合わせて、会を持ちます。
教師だけでなく、いろいろな立場の方の参加を期待しています。

http://kokucheese.com/event/index/466730/

日時 2017年8月9日【水】 10時~17時
場所 兵庫私学会館 101号室
参加費 4000円(6月末に発刊予定の新刊本代を含む・・・必要ない方は2500円)
懇親会 4000円 元町、三宮近辺にて
タイムテーブル
① 10時~12時 オープニング 多賀の基調提案に引き続き、南・多賀の対談
     「インクルーシブ教育ってなんだろう」
② 13時10分~14時10分 「教室の『あの子』のいる教室」南
③ 14時20分~15時20分 「気づかずに子どもをつぶしていないか」多賀
④ 15時30分~16時20分 「インクルーシブな授業を考えよう」南
⑤ 「参加者全員で考えていこうーこれからのインクルーシブ教育」
◆南恵介
中学校,小学校講師での勤務を経て,小学校教諭となる。現在,美咲町立柵原西小学校教諭。人権教育,特別支援教育をベースとした学級経営に取り組んでいる。子どもたち一人一人を伸ばすための多様な学びのあり方について研究を進めつつ,試行錯誤しながら教室実践を積んでいる。
著書に『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり 5年』『子どもの心をつかむ!指導技術 「ほめる」ポイント「叱る」ルールあるがままを「認める」心得」(明治図書)共著に『高学年必読!小学校で育てる!60のチカラ』(共著)(フォーラムA企画)など多数。
◆ 多賀一郎
私立追手門学院小学校、神戸大学附属住吉小学校から私立小学校に長年勤務。「教育が趣味」。 保護者のための講座、親塾主催。年間100以上の回数、公私立校で助言・講演等をしている。
著書『子どもはこう受け止めるんやで』『多賀一郎の荒れない教室の作り方』(黎明書房)、『大学では教えてくれない保護者対応』『ヒドゥンカリキュラム入門』(明治図書)、『学校と一緒に安心して子どもを育てる本』(小学館)その他多数。 共著編著『女性教師の実践からこれからの教育を考える! 』学事など、多数。

醜い心

Posted By taga on 2017年4月30日

人は心の中に醜い部分を持っている。
嫉妬、怒り、吝嗇、強欲、残虐・・・。
いくつかは、誰の心にもある。
それを認識したときに落ち込み、
地獄を感じる。
しかし、理性と徳性がそれらを抑え込んで人間になる。
醜い心のある自分も許せると、他人にも寛容になり
心は落ち着く。
そうやって人は、心を制御しながら生きていくのだ。

誰かが何か素敵なことをやり始めたとき
それにのれなかった人たちが羨望の目で見始める。
「いいなあ。」
「うらやましいなあ。」
という心ならば、人も自分も傷つかない。
しかし、
「どうせうまくいかないだろう。」
「甘い考え方だ。」
「あんな連中のすることは、ダメに決まっている。」
・・・・・
そういうことを考えたり、SNSで否定的なことを発信したりしてしまう人がいる。
その人たちは弱い人なのだが、
対象となった人たちは傷つく。
弱いからと言って、くだらない人間だからと言って、
許されるものではない。
まして、その人たちが教育者であるとしたら、
僕は
「教師を辞めろ。」
と言いたい。
子どもたちに何を教えているのだ。

リンゴが食べたかったんだろう

Posted By taga on 2017年4月29日

引っ越し業者のCМに
結婚して青森に引っ越しするカップルが出てくる。
なんとなくそれっぽい雰囲気のあるキャストで、いろいろと想像させてくれるドラマ仕立て。
よくできていて、僕は気に入っている。
「きっと、この彼は幸せそうにお尻にしかれるんだろうなあ。」
と、思わされる。

さて、その冒頭で
青森に行くから遠距離恋愛になると言いかけた彼氏に
「りんご、一緒に食べられるね。」
と、彼女が言う。
これは、ふつうに考えたら
「結婚して一緒に青森に行く」という、彼女からのプロポーズだろう。
ふつうに考えたら。
でも、そうはとれない人がいる。
「りんごを一緒に食べたかったんだな。」
と、言葉の額面通りに受け止める。
そういう人とのコミュニケーションは、意識していないと難しくなる。

教室にもいるんだよね。
存在を知るということが大事だと思う。

「含羞」

Posted By taga on 2017年4月24日

新聞を読んでいて
久しぶりにこの言葉に出逢った。
日本的な美しい言葉の一つだと思う。
羞恥とも違う、
そこはかともなく感じる恥ずかしさかなあ。
この頃、含羞とは程遠い言動を多く見かける。
自分の経験したこともないことを
想像で雑誌に投稿する。
自分の力だけではなしえないことを
さも独力で達成したかのように語る。
恥ずかしさが感じられない。
言葉は心とともにある。

第2弾 発刊

Posted By taga on 2017年4月23日

『女性教師の実践から、これからの教育を考える』
いよいよ発売。
今回は、本当にいろいろなタイプと年齢の先生に
書いて頂いた。
僕がこのシリーズを企画したのは、
何度か話しているが、
やはり、
「私は子どもになめられます。どうしたらいいですか?」
という若い女性教師の言葉からである。
そういう思いの先生方に
なんらかのメッセージが届けられたら
幸いだ。

遊ぶなら、今、四月にこそ

Posted By taga on 2017年4月19日

新任研修で必ず言うことの一つ。
「どうせ大した授業はできないんだから、
せめて子どもたちとよく遊んで仲良くなりなさい。
いざというときには、子どもとの関係がものを言います。」
遊ぶなら、忙しくて時間のとれない
この四月のスタート時期こそ。
子どもたちに
「この先生は自分たちとよく遊んでくれる。」
と、印象づけることだ。
最初のうち忙しくて遊べなかった先生に、やっと時間ができて
子どもと遊び始めても
子どもたちは「きまぐれ」とか「暇なんだな」としか
受け取らない。
四月からずっと遊んでいた先生の手が回らなくなって
遊べないときは
「先生、忙しいんだね。」
「また、遊んでね。」
という言い方をする。
四月にこそ、子どもと走り回るべきだ。
子どもは教師にとって最大の庇護者である。
教師は子どもたちを守る存在だが
実は、子どもたちに護られる立場でもある。
保護者のクレーム、
管理職や同僚からのハラスメント、
「もう学校に行きたくない」と思うことだってある。
そんなときに、子どもたちの存在が
教師を学校へ引き寄せる。
子どもたちが助けてくれる。