多賀マークの教室日記

教育にかかるよしなしごとを、つれづれなるままに・・・。
「教育」というと、力の入った人か、アウトサイダー的な方かの両サイドが目立つ。
僕は、港と山にかこまれた神戸という風土で肩を張らず、妥協もせずに見つめてきた目から、今を語りたい。

かっこいい姿

Posted By taga on 2016年8月24日

神戸大学を卒業した後
同じ年に退官された佐守信夫先生のお宅にうかがった。
書斎の片面は上から下まで本棚。
紅茶をいただいたが
佐守先生はご自分専用のミントンのカップ。
医学書の並ぶ本棚をバックに紅茶を嗅がれる姿を
なんだかとてもかっこいいと思った。

そのときの佐守先生と僕は同じ年齢になった。
書斎は作り付けの本棚で壁が埋まり
ミントンとジノリの専用カップも使っている。

でも、ああいうかっこよさは身についていない。
あれは、学問の深さが醸し出すかっこよさだった。
亡き恩師の後ろ姿は、いまだに遠くにある。
教育衛生学という特殊なゼミ。
生理学と教育の関連を考えたものだった。
それも僕の原点。
変な精神論に系統しないのは、
生理学的な考え方があるからだと思う。

自分には深さが足りない。
でも、今からの学びはこれまでと同じではいけないだろう。
悩むところだ。
ときどき浮かぶ恩師の後ろ姿が
僕を引っ張る。

ひどい話。子どもをふみにじっている。

Posted By taga on 2016年8月18日

ひどい話に気分が悪い。
これを美談とするのだろうか。
吹奏楽部が出ることについて、職員が話し合って決めるということ自体がおかしい。
生徒たちに反対の気持ちの部員がいるなら、なおさらだ。
本人たちが甲子園に来て納得したからいい?
甲子園で優勝したら、一緒にわかちあえる?
欺瞞だ、そういうのは。
これは、はっきり言って
「お前ら吹奏楽部なんてたいしたことないだろ。
甲子園の方がずっと値打ちがあるんだぞ。」
ということでしよ。
これを美談として報道する新聞の感覚もおかしい。
どんなに小さなめあてであっても、必死に努力してきたことは、やりとげさせてあげたい。
それが教育なんじゃないの。
この子達、全国大会に行っていたら、どんな夏が得られたのだろうか。

■「熊本・秀岳館の吹奏楽部「野球部と日本一に」 コンテスト断念し甲子園へ」
西日本新聞 8月17日(水)11時58分配信
熊本・秀岳館の吹奏楽部「野球部と日本一に」 コンテスト断念し甲子園へ
スタンドから演奏でナインを応援する秀岳館吹奏楽部の部員ら=16日、甲子園球場
 甲子園のスタンドでもう一つの夏が燃焼した。16日の全国高校野球選手権大会で、秀岳館(熊本)のベスト8進出を支えた同高吹奏楽部。部員たちは、この夏の吹奏楽コンテストの南九州大会出場をあきらめ、全国制覇を目指すナインとの夏を選んだ。「甲子園が僕らにとってのコンテスト」。伸びやかな演奏が歓声とともに夏空に響いた。
 吹奏楽部は部員21人。4年連続の出場が懸かる南九州小編成吹奏楽コンテストの県予選を翌週に控えた7月26日、野球部が甲子園切符を手にした。
南九州大会は8月11日。県予選を通過しても、甲子園の応援を優先すれば大会には出られない。コンテストか、甲子園か。7月下旬の職員会議は2日間にわたった。多くの教員が「コンテストに出るべきだ」と主張した。吹奏楽部の3年生6人も話し合いを重ねた。「コンテストに出たい」と涙を流す部員もいた。
しかし演奏がなければチアリーディングもできず、応援が一つにならない。「野球部と一緒に演奏で日本一になります」。顧問の教諭に決断を伝えた部長の樋口和希さん(17)の目は真っ赤だった。8月1日の県予選には「上位入賞しても南九州大会を辞退する」と主催者側に申し入れて出場し、金賞を受賞した。
 「県予選で全力を出し切り吹っ切れた」。部員の田畑史也さん(16)は16日、スタンドでドラムを打ち鳴らした。樋口さんは「最高に気持ちが良い。僕たちも全力で戦います」。頂点を目指すナインとともに「熱い夏」を過ごすつもり。

気仙沼からの便り

Posted By taga on 2016年8月17日

7月に行った気仙沼の唐桑小学校から
便りが届いた。
明日からの福島ー仙台のツアーへのモチベーションが上がる。

書籍は、5,6年生にブックトークした後、
「この本は、送り返してください。
ただし、1学期の終わりまで置いておいて
子どもたちに読ませてあげてください。」
と、置いてきたもの。
その後、校長さんがすべての本を購入してくださったそうで、
これからも子どもたちの手元に残る。

子どもの感想がおもしろい。
「わたしは『おかあちゃんがつくったる』の本の内容が自分の幼稚園に通っていたときに
似ているなあと思いました。・・・おばあちゃんが手拭いで服をぬってくれました。・・・」
と、自分の経験から語ってくれる子どもがいた。

『おかあちゃんがつくったる』は関西弁なのでどうかなと思ったけど、
とても子どもたちにミートしたみたい。

「・・・一番読んでみたいと思ったのが、『ふたりのロッテ』です。今日から読み始めます。・・・」
『ふたりのロッテ』が人気なのには驚いた。
というのは、男子がたくさんこの本がいいと言ってくれたから。
僕の紹介の仕方が子どもたちの読書意欲に火をつけたのかなと自己満足。

『パイルドライバー』は、やはりみんなに好かれる絵本だった。
「ぼくはプロレス好きのの友だちに技をよくかけられます。
『プロレスわざはむやみに使ってはいけない。』というご注意がありましたね。
それで反省したのか、技をかけてこなくなりました。・・・」

『オール1のおちこぼれ教師になる』は、漫画だげど、子どもたちのどこかに響いた感じだった。

ブックトークしてよかったなあと、改めて思った。

プロは簡単に育たない

Posted By taga on 2016年8月14日

津村節子の著への批評で
佐藤洋二郎が
「谷崎潤一郎は、素人が増えると、その世界は廃れるというようなことを言った」
と書いてあった。
なるほどと思いながら、
最近の教育の傾向に思いが向かう。

およそ人前にさらすほどのこともない文章を書いて
プロとして大衆の一部に認められる。
人前で語るほどのこともないのに登壇して
「すごいですね」
と言われる。
教師修行を経ずしてそれに酔う人間には
育ちはない。
とってだしの「実践もどき」をとうとうと語る。
その浅さは、本人も聞き手・読み手も理解できない。

この言葉は自らも刺す。
僕には語ってはならない分野がある。
プロとして学んでない分野である。
修行を積んでいない分野である。
そこを間違わないようにしないと、
危ない危ない。

札幌での振り返り

Posted By taga on 2016年8月6日

今朝は札幌は晴れ。
ここ数日のことをいろいろと考えている。
北海道は知り合いが増えた。
アウェー感が全くない。
今年はこの後、函館、帯広、札幌とまだ三回くる。
「多賀先生、北海道に別荘持ってください。土地、安いですよ。」
と言われるが、冬が怖いので、無理。
北海道の地理的な感覚は
関西では想像できない。
知床から来た方がいらっしゃったが
この距離は半端ない。
それだけの距離を車でとばして来られる方がいらっしゃるということ。
いい加減な話はできないなと思う。

ブラッシュはセミナーの作り方が独特で、
参加者の動きを見ているといろいろと学ぶことがある。
学びたい意志が表に出る人には効果的だ。
僕が相手にする方のほとんどは、そういう強い気持ちはない。
学校にうかがうわずかな時間で
自分にできることを模索していきたい。

8月に入った。

Posted By taga on 2016年8月1日

16日の教師塾はもう定員オーバー。
これ以上は受け付けられない。
参加者は、僕と木下さんが最初に新学期に向けての
講座をするので、送れないように。
10時スタート。
そして、振り返りをきちんとしてくること。

ぼんやりくるな。

自分なりの振り返りでいいが、
僕の1学期の振り返りシートもあるから、
2学期のリスタートの過去の計画例とともに渡せるので
参加者でシート希望の人は連絡すること。
ワードのファイルで送る。
こに書くといやらしいが、
いちいち送るのも面倒なので・・・。

読書三昧

Posted By taga on 2016年7月31日

完全な休日が3日間あったので、
共著の原稿を仕上げつつ
読書三昧。
こういう時間が必要ということ。
別に意味のある読書なんかじゃない。
若手に
「読書してますか。どんな本?」
と聞くと、教育書をあげるので
「子どもが学習参考書を読書だと言ったら、どういいますか?」
と言っている。
教師は教育書を読書なんて言っちゃいけない。
ということで、今回読んだ本は
◆『日本映画史110年』四方田犬彦 
有名な100年に書き加えたものだけど、僕は初めて読む。
◆『捜査一課係長 柳原明日香』黒崎 視音
これは、つまらなかった。まわりくどい書き方が好きじゃないし、
キャラが立っていない。
◆『捜査組曲 東京湾臨海署安積班』今野敏
これね、新刊出たら、もう読むしかないんだよね。
テレビドラマになる前から、最初から、ずっと読んでいるから。
どうしても須田が塚地になってしまうし、村雨のイメージは中村俊輔じゃないよなあと思いつつ。
◆『共犯捜査』堂場瞬一
さすがの書きっぷり。僕はこの人の文体が好きなんだなあ。
◆『ONE』内藤了
これもドラマになっちゃったら、つまらない。
関ジャニの横山くんのキャラは、原作にはないし
鬼女の都夜のイメージは佐々木希じゃないしなあ。
ドラマはドラマなりに面白い。

この頃、ほんとに女性捜査官ものが増えた。
映画の『ゴーストバスターズ』も女性隊に変わった。
女性に日の当たる時代は来るのかなあ。

落ち着きのない子ども

Posted By taga on 2016年7月30日

一人を読み解く
僕の通知表には、著書にも書いているが、
本当に毎年、
「落ち着きがない」
と、書かれている。
よほど落ち着きがない限り、こんなことは書かれないだろうに。
その当時、僕はどういう感覚だったんだろう。
今、教室で落ち着きがないと言われている子どもたちの思いに
僕は近いのではないだろうか。

自分を紐解くことから、何か見えてくるかも知れない。

幼児期に、児童相談所へ連れて行かれたことがある。知能指数も測ってもらって、138だったそうだ。
当時の測定だから、本当のところは分からない。
なぜ、そこへ連れて行かれたか。その方が、問題である。
「ずっとおしゃべりをして、おしゃべりがとまらない」からだそうだ。
結論として
「英語でも習わせましょう。」
ということになって、僕は英語を教わりに個人の先生のお宅へうかがうことになった。
その英語のおかげで、僕は発音記号で単語を読むことが出来るが、
英語は真面目に勉強しなくても中学一年生まではできたので、
かえっていいかげんになって、大学受験で苦しむことになる。

小学校当時を振り返ると、僕自身は落ち着きがないという感覚は全くなかった。
自然にふるまっていただけだと思う。
ただし、授業中がとてもつまらなくて、退屈して、いろんなことをしていたかも知れない。
授業に集中したという記憶がない。
常に鉛筆の後ろをかんでいて、ぼろぼろだった。
教科書のはしっこをちぎって食べる癖も、ひどかった。それは、家でも同じだった。
神経症だったのかも知れない。
貧乏ゆすりもよくしていた。
学校に必要のないものを持ってきて、よく叱られた。
ミニカー、シール、パチンコ、ほとんど見せびらかすために持って行っていたように思う。

二年生の担任からは、
「私はこの子の面倒は見られません。」
と、言われたそうだ。
僕はその若い女の先生が好きだったから、全然悪いイメージはないんだけど、
母は、懇談でそう言われたらしい。

その割には、毎年のように学級委員長に選ばれていた。
当時は立候補なんてシステムがなかったから、「なりたくもないのに、させられている」感が強かった。

「落ち着きがない」「ちょろちょろしている」「一言、多い」というのが、大人が僕を評するときによく使う言葉だった。
今だと、「多動」だとか「AD/HD」だとか、言われるのだろうか。
そういうように呼ばれる子どもたちの中に、僕の子ども時代を彷彿とさせる子どもたちが、たくさんいる。

テレビも見る。漫画も読む。

Posted By taga on 2016年7月23日

昨日のの高槻の学校での講演の後
教頭先生が、職員に言った言葉がうれしかった。
「休みに入ったから
テレビも見ましょう。
漫画も読みましょう。
子どもたちの好きなものも知らなくては、
子どもたちとの距離がどんどん遠くなってしまいます。」
これはね僕の講演の端々に
流行りのことが出てくるからだ。
別に受け狙いだけではなくて[それもないとは言えないが]
子どもたちの流行りを知ることには意味があると考えているから。
流行りの本や漫画には、今の子どもたちのそのままが描かれていることも多い。
それは流行にのれと言うことではない。
高槻から京都へ、そこから新幹線で東京へ。
昨夜は宇野さんと藤木さんと加藤さんと呑み会。
初めて四人が顔をそろえた。
みなさんとは、全て個人的につながった。
出逢いの形もさまざま。
僕は人と常に一対一の関係を持とううとする。
濃い組織やグループとは無縁の人間だから。
でも、こうやってつながって『女性教師だからこその教育がある』[学事出版]という本になった。
人生はおもしろい。

研究主任会は、有意義だった

Posted By taga on 2016年7月18日

研究主任会の感想を各自に送付した。
今回はワールドカフェの形にしたが、
やはり少人数での話し合いは、聞きたいことが聞けて
良かったのではないかな。
ベテランをどう引き込んでいくかが
多くのポイントでもあったように思う。
ベテランは、意固地になられると困った存在になる。
そうしないために、管理職でもない研究主任のできることを考えないと
正攻法ではダメなんだね。
鈴木優太じゃないけれど、
「キャバ嬢さしすせそ」
は、有効かも知れない。笑笑
次回は、僕の予定しだいでできるかどうか分からないけど
もう一回は、やってみたいなと思った。

※ 8月16日の教師多賀塾は、定員をオーバーしたので
締め切りにした。
なんせ、ぼくんちのキャパがあるから、
『てぶくろ』みたいには、いかない。