「含羞」

taga | 2017年4月24日

新聞を読んでいて 久しぶりにこの言葉に出逢った。 日本的な美しい言葉の一つだと思う。 羞恥とも違う、 そこはかともなく感じる恥ずかしさかなあ。 この頃、含羞とは程遠い言動を多く見かける。 自分の経験したこともないことを [...]

第2弾 発刊

taga | 2017年4月23日

『女性教師の実践から、これからの教育を考える』 いよいよ発売。 今回は、本当にいろいろなタイプと年齢の先生に 書いて頂いた。 僕がこのシリーズを企画したのは、 何度か話しているが、 やはり、 「私は子どもになめられます。 [...]

遊ぶなら、今、四月にこそ

taga | 2017年4月19日

新任研修で必ず言うことの一つ。 「どうせ大した授業はできないんだから、 せめて子どもたちとよく遊んで仲良くなりなさい。 いざというときには、子どもとの関係がものを言います。」 遊ぶなら、忙しくて時間のとれない この四月の [...]

思い出した!

taga | 2017年4月17日

児童相談所へ行ったことがある。 いやいや。 担任している児童の問題ではなくて、 僕自身が5歳の時。 あまりにも口がうるさくてやかましいので 母が連れて行ったそうだ。 近所のおばさんに 「ぼうや、あんよがおじょうずね。」 [...]

『女性教師の実践からこれからの教育を考える』学事出版

taga | 2017年4月9日

今月末にいよいよ第2弾発刊。 ■ 前書きから(一部抜粋) 第二弾として、現場の生の実践を語ってほしいと、五人の女性教師に執筆を依頼しました。 宇野さん、藤木さんのようなある程度完成された実践家とは違い、 発展途上の先生方 [...]

Dialogue

taga | 2017年4月7日

昨日は、青山さんと ひたすら語り合う。 何かを目的としているわけではなく、 ただ対話しているだけ。 時間はあっという間に過ぎていく。 語りながら、自分の考えも整理されていく。 僕はとてもとても青山さんには及ばないが 場違 [...]

日曜日の教師塾について

taga | 2017年4月5日

「日曜日の教師塾」 ともかく、遅刻しないように。 駅からの者は、五社駅に着く前に僕に連絡すること。 9時半から、多賀のオープニング講座。       木下さんの算数の授業開き。 10時半か11時くらいから、各自でのアクテ [...]

深い学び

taga | 2017年4月3日

東京での「教師教育フォーラム」 神戸での「アクティブ・ラーニングにおける評価を考える」セミナー。 この二つの会は、20名程度の人数だった。 しかし、問題意識の高い人が集まったので フロアーという感じではなく 共に考え合う [...]