子どもは見ている

Posted By taga on 2017年2月26日

4年生に6時間入っただけで
改めて考えることがたくさんあった。

一日目、女子はほとんど挙手しなかった。
誰がいようと関係ないタイプの女の子だけが発表した。
ところが、二日目になると、
たくさんの女子が初めから挙手してくる。
正直、驚いた。
なぜかなあと考えた。
4年生も後少しのこの時期に来たら、
多くの女子は思春期に入ってくる。
だから、用心深く僕の様子を見ていたのだろう。
「ときどき後ろで教室を見ている、先生の先生(子どもたちにはそう説明されている)だけど、
どんな授業をするのだろうか。」
「この先生は自分たちの言葉をどう受け止めるのか。」
「この先生は、どこを見ているのか」
そういうことを見極めようとしていたのだろう、
僕の一挙手一投足を注視して。
そして、何かを判断して手を挙げようという気持ちになったのだろう。
わずか一日で見切るということだ。

ときどききちんと授業に入ることは必要だなあと思った。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply