パワハラはいじめと同じ構造

Posted By taga on 2019年6月4日

パワハラ
ここ数年、パワハラ案件が多数
僕の耳に届いている。
パワハラ加害者の論理は、こうだ。
「本人(被害者)にも問題がある。」
「コミュニケーション不足だった。」
根本的に、分かっていない。
というよりも、
加害者側の常套句なのだ。
パワハラは、理由があれば仕方ないという類いのものではない。
そして、犯罪にもなり得るものだ。
この感覚は、いじめ案件に似ている。
いじめの加害者たちは、一様に
「被害者にも問題がある。」
「ふざけていたつもりだったけど、コミュニケーション不足だった。」
というようなことを言う。
パワハラを容認する教師集団に
いじめへの思いを語る資格はない。
大切なのは、
思いに寄り添うということじゃないかなあ。
どちらも人権問題であり、
大切なのは、教師というよりも、
人間としての立ち位置だ。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply