学校文化の全否定⑵

Posted By taga on 2019年4月17日

黒板けしを子どもにさせることはおかしい。
という話が出てきた。
子どもの仕事ではなくて、教師の仕事だからだという理由だ。
実にくだらない。
どうでもいい。
そこに教師個人の考え方があれば、それでいい。

それでは、掃除は子どもの仕事なのかな。
「自分の使ったところをきれいにするのは当たり前では?」
と思うかも知れない。
その理屈は世界共通ではない。
学校の掃除を子どもにさせるのは、世界でも仏教圏の国だけである。
世界の当たり前ではない。
僕は世界に合わせろと言ってるのではない。
日本は日本でいいからだ。
ちなみに、アメリカで教室で、教師がゴミを子どもに拾わせたら、
清掃組合と保護者の双方から訴えられるそうだ。
掃除そのものにも、いろいろな考え方があるということだ。

一年生の最初は先生が消している。
そのうちに子どもが
「先生、消してもいい?」
と聞いてくる。
消したら背の届かないところは、残ってしまう。
そういうものだ。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply