「偲ぶ」とは文字通り

taga | 2018年9月25日

「偲ぶ」というのは、 文字通り人を思うことである。 『泣きすぎてはいけない』内田麟太郎 文 たかすかずみ 絵 これは大人が読む絵本。 以前、伊丹の小学校でPTA講演をさせていただいたとき、 この絵本を読んだ。 前の方に座 [...]

発想の転換…『次郎物語』

taga | 2018年9月20日

人は蛸壺的思考に入り込むことがある。 いったん、そういうところに落ち込むと、 自力ではなかなか抜けられない。 周りのすべてが自分にとってのマイナスに感じてしまう。 みんなが敵対しているような気になってしまう。 僕は小学生 [...]

12月26日 国語の授業対決します

taga | 2018年9月10日

国語の授業を模索する二人で「授業対決」と称して、具体的な模擬授業を示します。 授業のモデルがよく分からないという声を聞きます。 物語文、説明文の模擬授業をじっくりと体験して考え合う会です。 時程  10時~10時40分  [...]

今年も本の会を神戸で

taga | 2018年8月15日

恒例の本の会も14回目 毎年、このときのために箱にためておいた本たちを取り出してきて テーマを考えていく。 不思議とテーマがつづられていくものだ。 阪神深江駅の近くの深江会館で昼の1時から。 僕に声をかけて下さればどなた [...]

「魅力ある教師でいるために」

taga | 2018年8月11日

9月1日、 福岡で中村健一さんとセミナー。 二人会は久しぶり。 昼から参加もOK。 新学期のスタートにいろいろ充電しよう。 申し込みは下記から。 https://www.kokuchpro.com/event/7a67a [...]

力を残さない

taga | 2018年8月4日

高校の陸上部の会報が届いた。 同期の友人、森茂伸くんの文章が載っていた。 そこに当時の陸上部顧問、谷川あぐり先生のお言葉をあげていた。 久しぶりに思い出した。 「ラストスパートまでに力を残したらあかん。 ラストのことを考 [...]

お門違い

taga | 2018年7月23日

若い人に 「お門違い」だと言われた。 全く面識のない人間が 僕のFacebookの投稿に対してのコメント。 どんな考え方を持とうとその人の勝手だが、 物事には筋道がある。 倍以上もの年上に対して その物言いは失礼であろう [...]

『孫子に学ぶ教育の極意』

taga | 2018年7月14日

この本は、書いていて学ぶことが多かった。 教育というものを孫子の兵法という視点からに読み解いていくと 新たな学びと言うものもいくつかあった。 自分では価値のある一冊になったと思っている。 一部紹介する。 「① 教育とつな [...]

九月二日は、文学教育を考える会

taga | 2018年6月25日

文学教育について石川晋さんと話をしていて、 「やはり、この人は文学教育を語れる数少ない教師の一人だな。」 と思った。 正直、文学教育について何も分かっていないのに 分かっていないことを 「今の時代には必要ない。」 と胸を [...]

なんのためのセミナーか

taga | 2018年6月23日

僕は、まだまだ甘いなあと思わされた。 今日、ピンクシャツデーのセミナーがある。 思ったほど人が集まらなくて、帯広や札幌から自腹を切ってきてくれる千葉くん、西村弦くん、大野くんに申し訳ないと メッセージ送ったら、千葉君から [...]