ツィッターでやや炎上

Posted By taga on 2019年4月9日

ツイッターに
「新任から数年間は子どもをたくさん潰す。失敗だらけ。
そこで辞めたら、潰しただけで終わる。
五年間、潰した子どもを背負って力をつけていき、そこから何倍もの子どもたちを救う。
教師はそういう仕事だ。」
とツィートしたら、
初めての洗礼を浴びた。
まあ、意見は賛否両論というか、真っ二つに分かれたんだけどね。
意味をとれない人も多いということ。
教師の立場と保護者の立場で受け取り方も違うということ。
いろいろと教わった。
そして、
自分を絶対的なものと考えて
人格まで否定していく人もいるということ。
それも学んだことかなあ。

潰したくないんだよ、みんな。
でも、力が足りなくて、子どもに力をつけてやれなかったり、
救えなかったりすることが多い。
それを背負って努力して、力をつけていくんだ。
その重みを背負えない教師に
子どもは育てられない。
そして、辛いのは、どんなに努力しても
やはり何人かは救えないかもしれないというのが、教師の限界。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply