校内研の後に意味がある

Posted By taga on 2020年2月2日

年間通して指導に入っている公立小学校。
カリマネ、道徳、対話、書くこと、国語教育など
さまざまなことをしている。
授業研の後は、たいてい校長室で授業者、主任たちと共に
いろいろな話をする。
この時間が貴重だ。
研究会では、授業者個人のことはほとんど触れないし、
基本的にマイナスのことは言わないようにしている。
個人的に話をしていると、いろいろなことが起こる。

ふとその先生の心をつついてしまう時がある。
ふとじゃなく、つつきたくなるといった方がよいのかもしれないが・・・。

ある学校で若い先生と話しているとき、
苦しいんじゃないの?とたずねてみた。
そう見えたから。
彼は涙を流して自分の苦しさを語り始めた。
周りの先生方もびっくり。
まさかそんな悩んでいるとは思ってもみなかったらしい。
でも、そこで心情を吐露したことで
ほかの先生にいろいろと相談したり、愚痴を言えるようになったそうだ。
この間出会ったら、元気そうだった。

僕は、もちろん研究研修のために呼ばれている。
しかし、僕の仕事は本質的には「教師を育てる」ことにあると思っている。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply