指摘すれば良いものではない

Posted By taga on 2020年2月5日

校内研に呼ばれていくと
だいたい授業者は何年目のどんな人かということを
校長や主任に尋ねる。
特にメンタル面を聞くことにしている。

学級の崩れを経験してやっと立ち直りつつある先生に
厳しい言葉を投げつけたら
その人の人生を狂わせてしまうかもしれない。
いつも、そのことを頭に置いている。

校長室で個人的な指導をするときには
その先生が一番大切にしていることを
まず、口にすることにしている。
授業ではそういうものを探すようにしている。
「〇〇さんは、いつもは大変なんじゃないの?
今日はがんばっていたから、先生はうれしそうな顔をしていたんじゃないの?」
「この難しい授業を、よく頑張ってここまでの授業に仕上げたね。」
「音読、かなり鍛えているね。」

大切にしたところを指摘できたら
表情がぱっと明るくなる。
目が輝く。
子供も大人も一緒。
最も頑張ったことや大切にしていることを
認めてもらえたら、
充足感が持てると思っている。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply