感謝の意を伝える

Posted By taga on 2020年3月26日

今年は卒業式も簡略化されて
来賓の祝辞等もカットが多いみたい。
毎度思うのだが
来賓や校長の卒業生に向けた言葉で
イラついてしまうのは
ここまで育てて下さった先生方と保護者に
感謝しろという言葉。
感謝は強要されるものではない。
自然とわいてくるものだ。

卒業生には、未来を向いて生きてほしい。

ところで、謝意と言えば、
大会委員長などの立場の方は、
必ず会場で準備されたかたへの謝意を語る。
形式的で意味のないことだと
若いときは思っていた。
ぼくならあんなことはムダなので言わない
と、思っていた。
しかし、私学の全国委員長になったとき、
夏の大会での僕の挨拶は、準備された方への謝意から始めた。
裏方で準備してくださったり
各所に連絡して段取りを整えたりと、
していただいたことばかりだから、
謝意は自然と口をついて出てきた。
その立場にならないと分からないこともあるということだ。

About The Author

taga

Comments

Leave a Reply