愚直になる

taga | 2017年7月20日

学校現場にいるのは、優れた教師ばかりではない。 たくさんの書籍を読み、 自らを高める教師ばかりではない。 セミナーにお金を使う覚悟のある教師ばかりではない。 そうしたいと思っても、子育てやさまざまな環境で それどころでは [...]

SNSでの議論

taga | 2017年7月19日

Facebookなどで意見を投稿したら ときどき、そこに議論をふっかけてくる輩がいる。 多くは議論にもならないレベルの 「~だと思います。」 「~できている人を知っています。」 といった、話にならないものである。 ま、僕 [...]

墓石を破壊し

taga | 2017年7月10日

朝のニュースで気になった言葉。 「墓石を破壊した。」 これは、わざとやったのだろうか。 さりげなくダジャレを入れたのなら、ナイスセンスだ。 もう一つ気になったのは、 ヒアリについてインタビューしていたときの 5才くらいの [...]

仙台親塾、さつき晴れ

taga | 2017年7月7日

やはりというか 自分でも驚くくらい「親塾」は雨にならない。 神戸でも30回やって、一度も雨はなし。 運動会のときは、僕を呼んでください。笑笑 さて、今回、24名の参加での親塾。 先ほどようやく質問・相談に答えるメールを送 [...]

女性教師の本を読む男性

taga | 2017年7月2日

『女性教師の実践からこれからの教育を考える』 この本からモデルを見つける女性教師が何人かいる。 自分のタイプと見比べて シンパシーを感じたり、 目標にしたりしている。 そういう全く違う人生と個性の5人に書いてもらった。 [...]

国語の授業とは

taga | 2017年6月26日

今から20年前の学習指導要領の改訂で 国語の授業の方向がおかしくなった。 『ごんぎつね』を四時間でさらっと読んで 他の学習とタイアップするというような 不可解な教科書の扱いになった。 当事、そこまで文学の精細な読みの学習 [...]

ちょっと驚き

taga | 2017年6月21日

南さんとの共著『きれいごと抜きのインクルーシブ教育』が 一か月も経たない間に増刷になった。 この前、神戸市の道場小学校のPTAに講演したとき 少しだけ持って行ったこの本の方が 講演内容の本よりも、売り切れてしまった。 教 [...]

無連絡のドタキャンは品位の問題

taga | 2017年6月18日

今回のセミナーはドタキャンが17名。 僕の企画では、過去最高。 「今回、無連絡の人は、全部記録に残しておいて・・・」 とか、 「毎回、直前に連絡入れるシステムにしよっか。」 とか、 「事前に払い込むシステムにしようか。」 [...]

6/17 子ども理解、学級のつながりを深めよう

taga | 2017年6月9日

困難なクラスを劇的に変えてきた大野睦仁さんを神戸にお迎えして、その真髄を追求するとともに、子ども理解とここからの学級づくりについて、じっくりと考えるセミナーを開きます。今回は、多賀も大野さんの実践と関連した講座に揃えてい [...]

「多賀一郎先生から学ぶ「深い学びを意識した国語の指導」講座」

taga | 2017年6月4日

多賀一郎先生をお招きして、「深い学びを意識した国語の指導」について学ぶ会です。 今回は,「一つの花」を題材に国語科授業づくりについて,具体的に教えていただきます。 多賀先生からたっぷり学びましょう。 日時  平成29年8 [...]